2014 年度

【招聘講演】

○日本実験動物科学技術 さっぽろ 2014 (2014年5月15日-17日 札幌市)

  1. 1) 林元展人:ICLASモニタリングセンターにおける遺伝的モニタリングの実際 (シンポジウムVI「遺伝的モニタリング」)

○2014 KALAS Annual Meeting (2014年8月21日-23日 Yeosu, Korea)

  1. 2) Hayashimoto N. Current microbiological status in mice and rats in experimental facilities in Japan

○AFLAS Congress 2014 (2014年11月11日-12日 Kuala Lumpur, Malaysia)

  1. 3) Hayashimoto N. Current microbiological status in mice and rats in experimental facilities in Japan (Breakout Session 1「Animal Biology & Nutrition」)

○第85回 東海実験動物研究会 (2014年8月30日 名古屋市)

  1. 4) 林元展人:微生物モニタリングの目的と意義-現在・過去・未来- (特別講演1)

○第53回 日本実験動物環境研究会 平成26年度総会 (2014年11月29日 千代田区)

  1. 5) 野津量子:腸内フローラの解析方法 (シンポジウム「実験動物用飼料と腸内フローラ」)

○平成26年度春季大会および関西支部総会 (2015年3月14日 吹田市)

  1. 6) 林元展人:3Dの時代と外部検査機関に求められるもの (シンポジウム「動物実験施設の衛生管理」)

【一般講演】

○日本実験動物科学技術 さっぽろ 2014 (2014年5月15日-17日 札幌市)

  1. 7) 高倉 彰、林元展人:フロンティアセミナーI「微生物モニタリング」
  2. 8) 加藤花名子、青木拓郎、冨家彰浩、林元展人、杉山文博、八神健一、國田 智:マウスHelicobacter hepaticus 感染診断のためのイムノクロマト法の評価
  3. 9) 林元展人、井上貴史、保田昌彦、森田華子、伊藤豊志雄:コモンマーモセット血便由来eae遺伝子保有大腸菌の当該宿主への実験感染
  4. 10) 森田華子、林元展人:MALDI TOF-MSを用いた細菌同定法による実験動物由来P. pneumotropica 同定の検討
  5. 11) 保田昌彦、小倉智幸、何 裕遥、後藤貴之、下村千恵、西脇 恵、林元展人、高橋利一、川井健司:筋ジストロフィーモデルマウス (C57BL/10Sc-mdx) の背景データの解析

○International Conference on Beneficial Microbes ICOBM 2014 (2014年5月27日−29日 Penang, Malaysia)

  1. 12) Ishii C., Nakanishi Y.,Murakami S., Nozu R., Ueno M., Hioki K., Takakura A., Hirayama A., Soga T., Ito M., Fukuda S. and Tomita M. The evaluation of the influence of Western diet consumption on gut microbiota and metabolites

○第18回 腸内細菌学会 (2014年6月11日-12日 文京区)

  1. 13) 中西裕美子、野津量子、植野昌未、日置恭司、高倉 彰、曽我朋義、伊藤 守、福田真嗣、冨田 勝:統合オミクスによる加齢に基づく宿主代謝変化と腸内環境変動の理解

○Metabolomics 2014 (2014年6月23日-26日 鶴岡市)

  1. 14) Ishii C., Nakanishi Y.,Murakami S., Nozu R., Ueno M., Hioki K., Takakura A., Hirayama A., Soga T., Ito M., Fukuda S. and Tomita M. The evaluation of the influence of Western diet consumption on gut microbiota and metabolites
プライバシーポリシー