確かな技術と高い精度で、実験動物の品質管理に寄与しています。ICLASモニタリングセンターは、実験動物の微生物学的・遺伝学的品質の向上を目的として設立され、国際実験動物学会議(ICLAS)の指定を受けた検査機関です。また、ICLASのPerformance Evaluation Program for Diagnostic Laboratories(PEP)にも参加しています。

Topicsトピックス一覧

2020年10月23日九州サテライト開設のご案内
2020年09月17日年末・年始の検査受託日程のお知らせ
2020年06月16日2020年7月の連休 (7/23~7/26) に関するご連絡
2020年04月03日2019年の発表および検査実績を更新しました。
2020年ゴールデンウィーク期間中の検査に関するご連絡
2020年ゴールデンウィーク期間中のモニライザ納期に関するお知らせ
細菌同定検査 (BIIIM) オプション項目における項目設定、およびMALDI Quick微生物同定試験における価格改定を実施いたしました。
また、細菌同定検査 (BIIIM) におきましては、検査依頼書を更新しましたのでご確認ください。
マウスおよびラットのオプションPCR項目を追加いたしました。
2019年10月15日年末・年始の検査受託日程のお知らせ
異常動物の病理診断について、依頼書を新設いたしました。
検査依頼書一覧にある「異常原因追及検査・病理検査依頼書」に必要事項をご記入の上、ご依頼ください。
2019年06月17日センター長が国際実験動物学会議 (International Council for Laboratory Animal Science; ICLAS) 理事 (Institutional Representative) に就任いたしました。
2019年04月26日2018年の発表および検査実績を更新しました。
2019年02月08日第66回日本実験動物学会総会において、ホスピタリティルームでの話題提供セミナーおよび相談会を実施いたします (プログラムは決まり次第お知らせいたします) 。
2019年5月の検査に関するご連絡とお願い
2018年10月05日年末・年始の検査受託日程のお知らせ
2018年09月25日第52回日本実験動物技術者協会総会 ランチョンセミナーの開催について
平成30年10月の検査に関するご連絡とお願い
2018年07月02日CAR bacillus (Filobacterium rodentium) を「監視項目」に設定
2018年05月23日無菌検査サービスを開始しました。
ICLASモニタリングセンターの遺伝モニタリング検査で使用しているSNPのデータベースに基づいた「Strain Check Program (Strain Checker) 」を公開しました。
決められた遺伝プロファイルを入力することで、近交系マウスおよびラットの系統を検索することが可能です。
2018年04月27日2017年の発表および検査実績を更新しました。
Encephalitozoon cuniculi 病理検査の価格改定について
2018年01月30日平成30年5月の検査に関するご連絡とお願い
2017年09月15日年末・年始の検査受託日程のお知らせ
2017年04月11日2016年の発表および検査実績を更新しました。
2017年02月16日平成29年5月の検査に関するご連絡とお願い
腸内細菌叢検査トライアルキャンペーンのお知らせ
2017年01月19日Streptobacillus moniliformis 検査方法変更のお知らせ