実験動物の病理学的検査・診断受託サービスのご案内

当センターでは実験動物 (マウス、ラット、ハムスター、モルモット、ウサギなど) を対象として病理学的検査・診断のご依頼を承ります。

■ 異常動物の病理学的検査・診断

・ 突然、死亡する動物がいる。
・ 毛が逆立ったり、やせているなどの異常動物がいる。
などでお悩みの方はご相談ください。事例に応じた対応をさせていただきます。

剖検診断例 診断名:: カリニ肺炎

■ ホルマリン液固定臓器からの病理組織学的検査

一般的なヘマトキシリン・エオジン (H&E) 染色はもとより特殊染色などに基づき病理組織学的診断を行います。

■ 遺伝子改変動物に対する組織学的スクリーニング

遺伝子改変動物 (マウス、ラット) の表現型組織学的解析を行います。

■ その他、目的に応じた組織標本作製

市販実験動物における各種臓器の組織標本を作製いたします。

■ 価格

ご相談に応じます。詳しくはお問い合わせください。

 

【Word形式】 病理検査依頼書フォームWord形式病理検査依頼フォーム

【PDF形式】 病理検査依頼書フォームPDF形式病理検査依頼フォーム

プライバシーポリシー