2013 年度

【招聘講演】

○第60回 日本実験動物学会総会 (2013年5月15日-17日 つくば市)

  1. 1) 林元展人:世界における齧歯類検査メニュー (シンポジウムV「実験動物輸出入の際に必要な微生物検査など、I. 諸外国における微生物検査メニューの違い [動物施設編] 」)
  2. 2) 鍵山直子:野村実験動物学は橋渡し研究のルーツ (特別企画「実験動物科学と野村達次先生」)

○12th FELASA SECAL CONGRESS (2013年6月10日−13日 Barcelona, Spain)

  1. 3) Barbosa S., Hayashimoto N., Kagiyama N., Nicklas W., Riley L., Schoondermark E., Shek W., Stevenson B. and Vergara P. ICLAS performance evaluation program for diagnostic laboratories (PEP): A robust scientific tool to enable diagnostic laboratories to monitor their diagnostic performance
  2. 4) Hackbarth H., Kagiyama N., Blumer K., Brown M., Griffin G., Hyun B.H., Rozmiarek H. and Schofield J. ICLAS Ethics and Animal Welfare Commitee: Ethical guidelines for researchers, editors, and reviewers
  3. 5) Kagiyama N. Bench to Bedside -Laboratory animal Science is a Necessary Infrastructure of Medical Science- (Memorial to Tatsuji NOMURA)

○64th AALAS National Meeting (2013年10月27日-31日 Baltimore, USA)

  1. 6) Hayashimoto N. Update on FELASA agents in Japan; new murine astrovirus (Panel Discussion: Rodent Microbial Surveillance)
  2. 7) Kagiyama N. Dr. Nomura's Devotion to Animal Quality in Research (Quality animals are essential for quality research)
  3. 8) Kagiyama N. Impact of the Guiding Principles on the Scientific Community (Panel Discussion: The Changes and Impact of the Revised International Guiding Principles for Biomedical Research Involving Animals)

○第31回 九州実験動物研究会総会 (2013年11月16日-17日 山鹿市)

  1. 9) 林元展人:わが国の実験動物マウス・ラットにおける微生物汚染の現状と新しい検査法

【一般発表】

○第60回 日本実験動物学会総会 (2013年5月15日-17日 つくば市)

  1. 10) 高倉 彰、林元展人:LASセミナーIII「微生物モニタリング」
  2. 11) 井上貴史、保田昌彦、橋本菜名子、山崎未来、林元展人、岡原則夫、佐々木えりか、伊藤豊志雄:コモンマーモセットの慢性嘔吐を主徴とする十二指腸腔拡張症例
  3. 12) 植野昌未、野津量子、玉置 賢、林元展人:T-RFLP解析に用いるラット腸内細菌叢データベースの構築
  4. 13) 亀田周子、石田智子、田中 舞、佐藤 梓、國田 智、加藤花名子、八神健一、林元展人:自然感染血清および実験感染血清を用いた蛍光マイクロビーズ法による抗体検査系の評価
  5. 14) 國田 智、加藤花名子、亀田周子、石田智子、林元展人、高倉 彰、杉山文博、八神健一:マウスノロウイルスの各種抗体検査およびPCR検査の感度と特異性
  6. 15) 林元展人、森田華子、井上貴史、保田昌彦、内田立樹、佐藤弘康、清水亜希子、小嶋由香、岩瀬耕一、岡部信彦、伊藤豊志雄:腸管病原性大腸菌はコモンマーモセットの出血性下痢症に関与する
  7. 16) 森田華子、井上貴史、保田昌彦、内田立樹、佐藤 梓、林元展人:マーモセット由来EPEC簡易検出のためのXM-EHEC培地の応用
  8. 17) 保田昌彦、井上貴史、植野昌未、森田華子、川井健司、林元展人、伊藤豊志雄:Clostridium perfringensが分離されたコモンマーモセット (Callithrix jacchus) のガス壊疽の1症例

○12th FELASA SECAL CONGRESS (2013年6月10日−13日 Barcelona, Spain)

  1. 18) Hayashimoto N., Morita H., Inoue T., Yasuda M., Uchida R., Sato H., Shimizu A., Kojima Y., Iwase K., Okabe N. and Itoh T. Enteropathogenic Escherichia coli infection with gastrointestinal hemorrhage in the common marmoset
  2. 19) Yasuda M., Inoue T., Kawai K., Hayashimoto N. and Itoh T. Case of distal duodenal ulcers in common marmosets

○国際シンポジウム&第2回 マトリョーシカ型生物学研究会「マトリョーシカ生物の世界」 (2013年7月24日-26日 京都市)

  1. 20) 中西裕美子、野津量子、植野昌未、日置恭司、高倉 彰、平山明由、杉本昌弘、曽我朋義、伊藤 守、野村達次、福田真嗣、冨田 勝:加齢がマウス腸内環境へ与える影響についてのオミクス解析

○第156回 日本獣医学会学術集会 (2013年9月20日-22日 岐阜市)

  1. 21) 林元展人、石田智子、保田昌彦、亀田周子、森田華子、鍵山直子:わが国のペットショップより入手した愛玩用、餌用マウスの微生物汚染調査

○日本実験動物技術者協会 第47回総会 in 晴れの国 岡山 (2013年9月27日-28日 倉敷市)

  1. 22) 内田立樹、林元展人、石田智子、保田昌彦、亀田周子、森田華子、田中 舞、小澤 碧、佐藤 梓:分子生物学的手法を用いたEntamoeba muris の検査方法の検討

○第3回 日本マーモセット研究会大会 (2013年12月12日-13日 福岡市)

  1. 23) 山崎未来、井上貴史、疋島啓吾、保田昌彦、川井健司、石割 桂、澤田賀正、岡原純子、岡野栄之、佐々木えりか、伊藤豊志雄:癲癇発作後に行動異常を呈したコモンマーモセットの脳萎縮症例

○第47回 日本無菌生物ノートバイオロジー学会総会 (2014年1月31日-2月1日 千代田区)

  1. 24) 中西裕美子、石井千晴、野津量子、植野昌未、日置恭司、伊藤 守、林元展人、福田真嗣、冨田 勝:腸内細菌叢が異なるマウスの代謝プロファイル解析

○第8回 日本ゲノム微生物学会年会 (2014年3月7日-9日 世田谷区)

  1. 25) 石井千晴、中西裕美子、村上慎之介、野津量子、植野昌未、日置恭司、高倉 彰、平山明由、曽我朋義、伊藤 守、福田真嗣、冨田 勝:高脂肪食が腸内細菌叢及び腸内代謝物質に与える影響の評価
プライバシーポリシー